再受験生、中上級者向けおすすめ通信講座を厳選!

学習経験者向け行政書士おすすめ通信講座まとめ

効率的勉強法

過去問の分析こそ一発合格への近道!絶対にすべきこととは?

投稿日:

過去問分析こそ一発合格への近道

行政書士試験は法律系の入門資格であり、司法試験や司法書士試験などに比較すると簡単なイメージがあります。

しかしこれが落とし穴。ここ数年の合格率こそ高いですが、少なくとも平成18年の新試験制度移行後は、難関試験ととらえたほうがいい。

過去問分析を甘く見てはいけませんか?

さて過去問分析。これは行政書士試験のみならず資格試験一般に言えることです。「合格への近道だ」と。そして受験生の方ならば、過去問題集を解いておしまい。せいぜい複数回繰り返す程度だと思います。

宅建試験だとこれでもいいのですが、行政書士試験の場合、広い出題範囲からピンポイントで出題されます(特に民法)。

したがって焼き直しが多い宅建ならば、過去問題集を解くだけで十分なところ、行政書士試験では、過去問分析を通じて、次年度の出題予想を行う、ここまでやって初めて「過去問分析」なんです。

「そこまでできない!」

「そこまでできない!」、そんな受験生の方の声が聞こえてきそうです。そして行政書士試験の特有な点でもありますが、出題者(試験委員と呼ぶ)の研究分野が出題に反映されることが結構ある点です。

ここまでくると、独学の個人レベルでの過去問分析は難しいと感じるはず。そう、ここまでくればスクールの過去問分析講座を利用したほうが早い。

受験素人の独学とは異なり、プロ講師による分析です。利用する手はないでしょう。

-効率的勉強法

Copyright© 学習経験者向け行政書士おすすめ通信講座まとめ , 2019 All Rights Reserved.